インサイドセールス代行サービス/SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス代行サービス
/SALES BASE
お問い合わせ
BtoB営業用語集
インサイドセールス代行サービス/SALES BASE > BtoB営業用語集 > コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング手法を指しますか?

コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング手法を指しますか?

SALES ROBOTICS
高橋 裕大

主に市場の見込み顧客にとって価値あるコンテンツを制作および発信し、見込み顧客の潜在ニーズを満たすことで確度の高い商談を創出することを目的にしたマーケティング手法です。
また、リードジェンだけでなく、リードナーチャリングをすることも可能なのが大きな特徴です。

インターネットやSNSが一般的となった現在、顧客が情報収集をする方法も変わってきました。
インターネットが普及する前、顧客はテレビや新聞広告などマスメディアを通じて情報収集をしていました。興味のある事柄の詳しい情報は、店舗に出向いたり営業担当者と商談することによって得るのが一般的でした。

しかし、インターネットに情報があふれる現在、顧客は検索エンジンを通じて、気になる情報を能動的に集めることが可能になりました。
このように、情報の集め方が「プッシュ型」から「プル型」へと変わったため、企業も顧客との接点を変える必要が生じています。

まず、情報収集がプル型になった現在、顧客に情報(コンテンツ)を拾ってもらうことの重要性が増してきています。
例えば、リードジェンに注力したい場合、その分野の初心者向けの解説や課題解決に特化したブログページなどを制作すると良いでしょう。

さらに、このように顧客との接点の持ち方が変わってきた現在では、顧客に認知してもらうことだけではなく、コンテンツの内容などによっては、接点を持った顧客の購入意欲の醸成を行い、その先の商談を生み出すことが可能となりました。

例えば、セミナーの開催や導入事例といった、より詳しい内容のコンテンツを用意することで、獲得した顧客の購入意欲が醸成されていきます。

制作するコンテンツは、それぞれの企業や商材によって適しているものは異なるため、ペルソナを設定するなど、本当に必要なコンテンツが何なのかを社内で模索する必要があります。

このように、見込み顧客のニーズを満たすコンテンツを発信し続けることで、顧客をファンへと育成し、最終的には確度の高い商談を創出することを目的としたマーケティングをコンテンツマーケティングと呼びます。
「リードジェン」「リードナーチャリング」それぞれの領域の活用例については、追ってご紹介いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

ここまでで、コンテンツマーケティングが見込みの高い商談を創出へと繋げるための有効施策であることをご紹介してきました。
しかし、せっかくコンテンツマーケティングで興味を示した見込み顧客をそのまま放置してしまったり、適切なアプローチができなければすべてが無駄になってしまうと言っても過言ではありません。

コンバージョンした顧客のフォローができなければ、その後の行動はすべて顧客任せになってしまいます。
最悪のケース、競合に顧客をとられてしまうこともあります。

「インサイドセールス」を導入することで、顧客の興味関心についてヒアリングができるようになるため、その結果に基づいた適切なアプローチが可能となります。
顧客が求めている情報を的確に提供していくことで、顧客との信頼関係は構築され、確度の高い商談を創出することができるようになります。

コンテンツマーケティングを導入する際には、ぜひインサイドセールスにも目を向けてみてください。
インサイドセールスの詳しい方法については、こちらをご覧ください。

  • 営業・マーケティング お役立ち情報
  • インサイドセールス セミナー情報

営業・マーケティングお役立ち情報

BtoB営業用語集

お役立ち情報一覧へ

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!

資料請求・お問い合わせはお気軽に

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!
無料デモお申し込み
資料請求・お問い合わせはお気軽にメールでのお問い合わせ