インサイドセールス支援サービス:SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス支援サービス
お問い合わせ
入事例
インサイドセールス支援サービス:SALES BASE > インサイドセールス事例 > 年間の名刺獲得量が、導入前の3倍に上昇

【営業を効率化したい】

年間の名刺獲得量が、導入前の3倍に上昇

株式会社ディー・ディー・エス
専務取締役 兼 営業本部長
久保 統義様

2017年5月に施行された改正個人情報保護法、2019年4月に施行される働き方改革関連法により、日本における情報セキュリティに今まで以上の関心が集まっており、企業にとってセキュリティ強化は急務である。しかし、「セキュリティを強化するほどシステムは使いにくくなり、事業遂行に支障をきたしかねない」と、二の足を踏む経営者は少なくない。そんななか、「生体認証を含む複数の要素で本人確認を行えば、システムはむしろ使いやすくなる」と、ディー・ディー・エス専務取締役の久保氏は指摘する。同社は特許取得の生体認証テクノロジーを駆使して、法人向けの指紋認証市場でトップシェアを誇る。業務を効率化しつつセキュリティを強化するシステムの販売促進方法について、同氏に話を伺った。

業種:情報・通信業 事業部営業人数:49名 予算:非公開

課題
  • 獲得した名刺のフォローができていなかった
  • 商談獲得から訪問、提案まで営業一人が行っており、効率が悪かった
  • フォローできるお客様に上限があった
効果
  • リードタイムが長いお客様にもフォローが出来ている
  • アポイントの自動設定で、営業効率が上昇
  • 年間の名刺獲得量が、導入前の3倍に上昇

SALES BASE導入の背景

まず、大きな課題として「認知度不足」がありました。私たちの競合は大手企業。たとえばテレビコマーシャルや新聞広告、大きな展示会への出展といった手段でブランド力不足を補おうとするなら、大きなコストがかかります。そこで私たちが選択したのは、販売パートナーを増やすということでした。いま、私たちのソリューションの認定販売パートナーは94社。社員50名規模の会社ながら、多くの企業に評価していただけました。
そして、パートナー企業が開催するイベントで、私たちのソリューションについて展示させていただくという方法で露出を増やし、認知度を上げているのです。さらに、イベントへの出展の副次的成果として、参加者の方から名刺を獲得できます。しかし、これを販促に活用する段階で、新たな課題が3つ生まれました。

ひとつは、リードタイムが長いお客さまへの対応がおろそかになってしまったこと。営業は、イベントで獲得した名刺のうち「すぐに成約に結びつく案件」を重視しがち。「いまはニーズがないが、半年後・1年後には検討する可能性がある」というお客さまのことは放置してしまいがちなのです。
もうひとつは、営業がテレアポ担当を務めることで、訪問や提案といった営業本来の活動に割く時間が少なくなり、営業活動量が低下してしまいました。

そして最後に、テレアポの品質が低く、非効率だったこと。営業はテレマーケティングについてのトレーニングを受けておらず、また統一したトークスクリプトも用意していなかったので、当然です。
この状況を打開しようと、『SALES BASE』の導入を決めました。

具体的な成果や今後について

月間17.8%のアポ率を達成
『SALES BASE』を活用し、3つの課題すべてが解決できました。まず、リードタイムが長いお客さまについて、『SALES BASE』を通してフォローできるようになりました。半年後なり、1年後なりに再度電話して、アポをとるわけです。また、当社の営業が訪問した結果、リードタイムが長いと判明した案件のフォローも『SALES BASE』に依頼しています。これにより、営業の機会損失を防ぐことができます。
営業をテレアポ業務から外し、本来の営業活動に専念させるという点でも、期待以上の成果がありました。テレアポから外れただけでなく、スケジュール調整の手間も大幅に省けました。『SALES BASE』のおかげで、「アポイントの予定が自動的に設定される」からです。
テレアポの効率でいえば、「さすがエキスパート」という成果が出ています。昨年の平均値では5.7%のアポイント率。いちばん多かったときには月間17.8%という数値を出してくれました。アポイントの質の面でも、事前に当社側と綿密に打ち合わせて、トーク内容を決めているので、成約につながりやすいアポを設定してもらっていると実感しています。たとえば「働き方改革がテーマのイベントで獲得した名刺の相手には、セキュリティ強化よりも業務効率化につながるメリットを強調したトークにする」といった具合です。

『SALES BASE』という専門部隊にまかせ、テレアポの効率が上がったことにより、「名刺は多ければ多いほどいい」という状況になりました。結果、イベント時の名刺獲得活動にも熱が入り、いまでは以前の3倍、年間で約1万枚の名刺を獲得しています。

業種や職種に特化して市場を開拓
民間企業の業種・職種ごとに特化したソリューションを提案することで、マーケティング活動をより強化していく方針です。たとえば、製造業における品質管理の場面では、資格者の本人確認が必要。そこでの活用に特化したソリューションとしての打ち出し方をすることも視野に入れています。

ほかにも、医療業界でも案件が増えているので、医療関係者を対象として電子カルテとの連携を提案するのもいいですね。さらに教育機関では、先生のサービス残業を阻止するための「勤怠管理システムとの連携」というのもニーズがあるとみています。今後も、現場のニーズをいち早く察知して、新たなコンテンツ開発に挑み続けます。

会社概要

社名:株式会社ディー・ディー・エス
設立:1995年9月(創業:1992年9月)
資本金:30億6,935万円(2017年12月31日現在)
売上高:7億9,042万7,000円(2017年12月期:連結)
従業員数:49名(2017年12月末時点:連結)
事業内容:バイオメトリクス事業、研究開発・受託開発事業
URL:https://www.dds.co.jp/

※この記事の内容は取材当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、役職名等は現在と異なる場合があります。

インサイドセールスの導入で営業力を強化した事例をご紹介!

クラウド インサイドセールス SALES BASEを導入いただいた企業は800社を超えます。 お客様が導入時に抱えていた課題と事例をご紹介します。

<本資料で紹介する事例>
導入から半年で新規186件中26件の案件化を実現!
他社比2倍の商談取得率達成、新規開拓の強力パートナー
社員の意識変化と成長 アポ27件以上の大収穫
月間の新規商談件数が2倍
月間の商談件数が5倍
毎月100件以上の新規訪問先を獲得
インサイドセールスの実施で業務効率と受注率アップを実現
1年間で50社以上の新規顧客の開拓と関係を構築
平均訪問回数の削減と受注率のアップを実現
面談件数が2倍近くになり、費用対効果が大幅にアップ
中長期的なパイプラインの構築と受注率の向上を達成
1ヶ月で自社リード0から100件のリードを獲得
1年間で125件の役員アポイントを創出
約3倍のヒアリングの実施と質を改善

インサイドセールス導入事例集ダウンロード

他にも営業に役立つ情報を無料提供中!

  • 営業のプロセスを見直し、成果を最大化 法人営業最新トレンド
  • 新規開拓の成果を最大化 法人営業新規開拓事例集
  • 営業力強化 お悩み相談室
  • インサイドセールス セミナー情報

他の導入事例を見る

他のリード獲得施策の違いをご覧ください。

営業部の方はこちら

リードや商談獲得は営業業務と切り離し、
商談に営業力を集中したい。

  • 内製化との違い
  • 成果報酬型テレアポ代行
  • 成果報酬型の営業代行
マーケティング部の方

個人情報やリストの収集など、
リードや商談数を増やしたい。

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!

資料請求・お問い合わせはお気軽に

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!
無料デモお申し込み
資料請求・お問い合わせはお気軽にメールでのお問い合わせ