インサイドセールス支援サービス:SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス支援サービス
お問い合わせ
入事例
インサイドセールス支援サービス「SALES BASE」 > インサイドセールス事例 > 導入事例:新規リードを獲得したい

【新規リードを獲得したい】

アウトバウンドで大量のリード獲得に成功。非常に高い成果を実感。

株式会社PR Table
代表取締役
大堀 海様

「よい人材がとれない」。いま、多くの経営者・人事担当者が採用難に頭を悩ませている。そんななか、自社オリジナルのコンテンツをつくってWeb上にアップ。求職者向けに情報発信して、人材獲得競争で優位に立つ手法が注目されている。しかし、「ウチには求職者にアピールできるネタがないから…」とあきらめている企業も。これに対し、PR Table代表の大堀氏は「どんな企業のどんな活動でも、ストーリー化することで、魅力的なコンテンツはつくれる」と説く。同社はNTTデータ、オプト、リクルート、エイベックス、ミラティブといった、錚々たる企業のコンテンツ制作・発信を支援しているエキスパート集団だ。採用ブランディングを成功させ、人材獲得競争に勝ち残る方法を同氏に聞いた。

業種:サービス業 事業部営業人数:非公開 予算:非公開

SALES BASE導入の背景

前例のないサービス立ち上げ。大量のリード獲得でまずはPDCAを回す手法の1つとして導入。

前例のないサービスを立ち上げたスタートアップなので、「どんな属性のお客さまにヒットするのか」「そのお客さまにはどうアプローチするがよいのか」がわからず、すべてが手探りだったことです。そこで、「とにかく多くのリードを獲得して、さまざまなアプローチ方法を試みよう」という意思決定をしました。PDCAを回して、最適化していくわけです。

自社でメディアを運営しているので、そこへお問い合わせいただくインバウンド型の集客は一定量あります。しかし、PDCAを回し、仮説を検証していくには、それだけでは不足しています。そこで、アウトバウンドのリード獲得手法として『SALES BASE』を活用することにしたのです。

具体的な成果や今後について

当社に代わって見込客にアプローチ。
リソースが不足しがちなスタートアップにとって非常に心強く、成果に対しても満足。

いちばん大きいのは、当社側の工数をかけずに大量のリードを獲得できるようになった点ですね。『SALES BASE』は400万社という膨大なデータベースから、『PR Table』に興味があるであろう企業をリストアップして、当社に代わってアプローチしてくれます。リソースが不足しがちなスタートアップにとって、これは非常に心強い。

リードの質についても満足しています。当社側と頻繁にコミュニケーションをとってくれて、「どんなリードがほしいか」を十分に把握したうえでアプローチしてくれるので、大きなミスマッチはありません。『SALES BASE』で獲得したリードへ当社のスタッフが訪問し、すぐに成約にいたった実績もすでに出ています。

ただ、『PR Table』はリードタイムが1年以上あるケースが大半。その間、『SALES BASE』で獲得したリードを長期的なスパンで、どのようにナーチャリングしていくのか、勘どころをつかめたことが非常に大きな成果ですね。『SALES BASE』では、獲得したリードの属性や、『PR Table』の導入への温度感といった情報も提供してもらえます。それぞれについて、どういったアクションを起こせば効果的なのか、さらに検証を進めて、最適化していきます。

最適化されたときには、いまとはまったく違う顧客層にアプローチしている可能性もあります。当社に限らず、スタートアップ企業は「自社のターゲットってどこにあるんだろう?」というところから、検証しなくてはいけないケースが多いと思います。そのとき、『SALES BASE』は強力なツールとして活用できる。「あれ? いま、こっちの業界を攻めているけど、ほんとはそっちじゃないか?」。そんな気付きを得られるかもしれません。

当社としてアウトバウンド施策に本格的に取り組んだのは初めてですが、結果として、非常に高い成果を得られたと実感しています。

対カスタマー、対投資家など、パブリックリレーション全般を支援できるサービスへ。
そのために『SALES BASE』にさらなる支援を期待。

私たちの専門領域である「PR」は、「パブリックリレーションズ」のことです。本来の意味は、「社会との良好な関係構築」ですね。現在は、世の中の人材採用への大きなニーズを背景に、企業と個の関係構築に最適化したサービスになっています。
しかし今後は、対カスタマー、対投資家など、パブリックリレーション全般を支援できるサービスにしていきたい。

より多様な顧客ニーズにこたえていくことになるので、より多様なリード獲得が必要になります。『SALES BASE』には、その面で、さらなる支援を期待しています。

当社が支援することで、企業に社会へと発信する表現力がつく。それによって、世の中に多種多様な情報が発信され、個人はそのなかから就職先・購入先・投資先などを選び、意思決定していくことができるようになる。つまり、『PR Table』個人に選択する力をつけていくプロダクトでもあるわけです。「あらゆる企業に表現力を。すべての個人に選択力を」。今後もこの『PR Table』のフィロソフィーをさらに深化・発展させられるように、プロダクトを磨いていきたいですね。

会社概要

社名:株式会社PR Table
設立:2014年12月
資本金:6億486万円(資本準備金を含む)
事業内容:『PR Table』の企画・開発・運営、『PR Table Community』の企画・運営
URL:https://www.pr-table.com/

※この記事の内容は取材当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、役職名等は現在と異なる場合があります。

インサイドセールスの導入で営業力を強化した事例をご紹介!

クラウド インサイドセールス SALES BASEを導入いただいた企業は700社を超えます。 お客様が導入時に抱えていた課題と事例をご紹介します。

<本資料で紹介する事例>
導入から半年で新規186件中26件の案件化を実現!
他社比2倍の商談取得率達成、新規開拓の強力パートナー
社員の意識変化と成長 アポ27件以上の大収穫
月間の新規商談件数が2倍
月間の商談件数が5倍
毎月100件以上の新規訪問先を獲得
インサイドセールスの実施で業務効率と受注率アップを実現
1年間で50社以上の新規顧客の開拓と関係を構築
平均訪問回数の削減と受注率のアップを実現
面談件数が2倍近くになり、費用対効果が大幅にアップ
中長期的なパイプラインの構築と受注率の向上を達成
1ヶ月で自社リード0から100件のリードを獲得
1年間で125件の役員アポイントを創出
約3倍のヒアリングの実施と質を改善

インサイドセールス導入事例集ダウンロード

他にも営業に役立つ情報を無料提供中!

  • 営業のプロセスを見直し、成果を最大化 法人営業最新トレンド
  • 新規開拓の成果を最大化 法人営業新規開拓事例集
  • 営業力強化 お悩み相談室
  • インサイドセールス セミナー情報

他の導入事例を見る

他のリード獲得施策の違いをご覧ください。

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!

資料請求・お問い合わせはお気軽に

SALES BASEの活用方法を無料で体験!
リアルな運用画面を確認!
無料デモお申し込み
資料請求・お問い合わせはお気軽にメールでのお問い合わせ