インサイドセールス支援システム「SALES BASE」

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス支援システム
お問い合わせ
インサイドセールス支援システム「SALES BASE」 > 営業・マーケティングコラム > インサイドセールス~BtoB向けコラム一覧 > インサイドセールスとフィールドセールス~それぞれの役割

インサイドセールスとフィールドセールス~それぞれの役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の購買行動の変化の流れから、営業をインサイドセールスとフィールドセールスに分業することは、営業活動を効率化する方法として注目が高まっています。
「うちの会社もインサイドセールスを導入しようか」と考えた場合、それを成功させるために重要になるのは、インサイドセールスとフィールドセールスそれぞれの役割をよく理解することです。
今回は役割の違いと共に、組織体制のイメージをご紹介します。

1.インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、内勤営業のことです。内勤というとあらゆる業務がイメージされるかと思いますが、まさにあらゆることを担います。フィールドセールスが担う営業活動以外の営業活動全般を担うといったほうが分かりやすいでしょう。

ここで言うフィールドセールスとは、一般的なセールスプロセスにおける「訪問営業」と「受注」の活動の2工程のみを指します。その他の「ターゲット選定」から電話アプローチによる商談の「アポ獲得」までの前工程はすべてインサイドセールスが担います。できるだけ見込み度の高いリードをフィールドセールスに渡すために、リード育成に力を尽くします。

またフィールドセールスによって受注に至った後も、「事後フォロー」や「追加売上」のために継続してアプローチを続ける工程もインサイドセールスの役割です。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

2.インサイドセールスとフィールドセールスの役割

もっと詳しく、インサイドセールスとフィールドセールスの役割の違いをみていきましょう。

役割の違いを理解するには、そもそも営業活動をインサイドセールスとフィールドセールスに分業する意味を理解すると簡単です。

これまで、営業活動はアポ獲得から商談まで営業マンが一人で行うのが一般的でした。しかし、商談まで進んでも、実際に訪問して話をしてみたらまったく購入フェーズではなかった、そもそもターゲットではなかった、ということもありました。

インサイドセールスを導入することで、従来の営業マンが行っていた業務の一部を担い、電話やメール、オンライン会議システムなどを通じて見込み顧客とコミュニケーションを行い、ターゲットかどうかの見極めから課題ヒアリング、解決策の提示、情報提供などを行うことで、営業活動全体の効率が圧倒的に上がり、前述のような失敗も防げます。

また、これまでのように一人の営業マンがすべての営業活動を担うと、営業マンの得手不得手によって各業務や営業マンの成績に差が出てきてしまいます。業務の属人化の懸念もあります。インサイドセールス導入は業務の標準化につながることから、こうした課題も解決します。

このように、インサイドセールスとフィールドセールスの担う、それぞれの業務の異なる役割の特長を組み合わせることで、営業効率を上げることができるのです。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

3.インサイドセールスを含んだ組織体制のイメージ

実際にインサイドセールスを導入する場合、リードジェネレーションからリードナーチャリング、商談化、受注、事後フォローという一連の営業活動を「マーケティング→インサイドセールス→フィールドセールス」の順に担う組織体制を作ります。

まずマーケティングで個人情報リストの収集を徹底的に行い、リードをできるだけ数多く獲得します。そして自社に何かしらの興味・関心を示しているリードを受け取ったインサイドセールスは、アポ獲得・訪問につなげるために、ターゲット選定をして高確度リードに育成し、案件創出・顧客醸成を電話、メール、自社サイトなどを駆使して情報提供やコミュニケーションを実施ししていきます。

そして高確度リードだけがフィールドセールスへ引き渡されることで、商談、受注、納品へと進みます。

またインサイドセールスとフィールドセールスの各工程で得たあらゆるリードのデータを蓄積していき、各々の営業活動に活かし、最適化・効率化を図っていきます。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

4.まとめ

テクノロジーの進化により、営業効率はどんどん高まっています。インサイドセールスもその効率化の手法の一つです。これまでの営業マンが一人ですべて担ってきた営業活動のデメリットをカバーする役割があります。このインサイドセールスを導入し、自ら情報収集を行い検討するという現代顧客の購買行動に合わせた効率的な営業手法へ組織体制から切り替えていくことも、効率化と売上増進のためには必要なこといえます。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

5. インサイドセールス導入企業実例

ウイングアーク1st 株式会社 執⾏役員CMO 小島薫様

導入から半年で新規186件中
26件の案件化を実現!

業種:情報通信・IT関連 事業部営業人数:10名 予算:50万円/月

BI事業を手掛けるウイングアーク1st様。
自社に対して認知の無い顧客層へどの様にアプローチするか、セールスプロセスをどのように短期化するか、といった営業課題がありました。
しかし、現在では安定的に月30件のアポイント獲得に成功しています。 > 詳細はこちら

富士ソフト株式会社
執行役員 三田 修 様

他社比2倍の商談取得率達成、
インサイドセールスによる相互効果も実感

業種:情報通信・IT関連 事業部営業人数:5名 予算:非公開

ソフトウェア開発を事業とするFUJISOFT様。
新規顧客開拓のため、テレマ業者、営業派遣を利用するも、効果が出ず、新規顧客開拓に苦戦していました。
しかし、インサイドセールスを導入してからは商談取得率が2倍にアップしています。> 詳細はこちら

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

最新記事

インサイドセールスを成功に導く3つのポイント
2018.08.03

インサイドセールスを成功に導く3つのポイント

今回は、これからインサイドセールスを組織的に導入したいと考えている方へ、インサイドセールスの失敗を防ぐための進め方の3つの条件をご紹介します。

マーケティングオートメーションの導入効果徹底解説
2018.08.03

マーケティングオートメーションの導入効果徹底解説

マーケティングオートメーションは、マーケティングを効率化する有益なツールとして近年注目されており、導入企業も増えています。しかし成果を出すためには活用のポイントを押さえることが大切です。

営業代行と営業派遣はどう違う?徹底解説
2018.07.02

営業代行と営業派遣はどう違う?徹底解説

営業業務を外部に依頼したいという場合、営業代行や営業派遣を利用する方法があります。この二つの違いをご存知でしょうか?

マーケティングオートメーションとは?~概要から運用ポイントまで徹底解説
2018.07.02

マーケティングオートメーションとは?~概要から運用ポイントまで徹底解説

今回は、マーケティングオートメーションについての概要や市場動向、主要5製品の比較、活用のポイントなどをご紹介します。

インサイドセールスの市場規模
2018.07.02

インサイドセールスの市場規模

インサイドセールスは今、米国でも日本でも市場規模が拡大してきており、注目を集めています。

無料
初心者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料

インターネットの台頭により、法人営業の売り方・買い方は大きく変化しており、その変化に対応すべく、企業ではマーケティングオートメーションやアカウントベースドマーケティング、インサイドセールスなど様々なツールや手法の導入を検討し始めています。

当社では、初心者の方を対象に、今注目を集めている営業・マーケティング手法に関する解説資料を無料でご提供しています。

是非この機会にご覧ください。

無料提供資料
  • ABMの基礎知識と実践方法
  • 5分で分かる、売上創出インサイドセールス
  • 営業・マーケティングのKPI 徹底解説
  • 法人営業最新トレンド資料
  • 法人営業新規開拓事例集
  • インサイドセールス成否の分かれ目