インサイドセールス代行サービス/SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス代行サービス
/SALES BASE
お問い合わせ
インサイドセールス代行サービス/SALES BASE > 営業・マーケティングコラム > 営業まとめ記事一覧 > 営業代行~完全成果報酬と完全成功報酬の違いとメリット・デメリット

営業代行~完全成果報酬と完全成功報酬の違いとメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業代行の契約形態は、大きく成果報酬と固定報酬に分かれます。また成果報酬と固定報酬を組み合わせた複合型もあります。このうち成果報酬は、より細かく分類すると、成果報酬と成功報酬に分かれます。また、「完全」とつく完全成果報酬と完全成功報酬という場合もあります。
今回は、営業代行の契約形態のうち、完全成果報酬と完全成功報酬の違いや、両方に共通しているメリットやデメリットについて解説します。

【参考】営業代行とは?市場規模と今後の動向
【参考】営業代行を導入する理由

1.完全“成果”報酬とは

完全成果報酬とは成果に対してのみ報酬が発生する仕組みです。「完全」とは、完全に成果に対してのみ報酬が発生するという意味であり、固定費用が一切発生しないという意味です。

成果は、営業活動による成果すべてが対象になり得ます。例えば、アポイント獲得数や成約数、商談機会の創出数など、あらゆる営業活動における成果に応じて報酬を支払います。どのような成果に対して報酬がいくら発生するのかは、営業代行会社によって異なります。

2.完全“成功”報酬とは

一方、完全成功報酬とは、上記の完全成果報酬の「成果」のうち、「成功」に対してだけ費用が発生する方式です。成功とは契約の成立、受注決定、セミナー参加の申し込みなど、その営業活動における最終着地地点の成果を指すのが一般的です。例えば、その途中経過である「商談決定」という成果を挙げたとしても、成功ではないため、報酬は発生しないことになります。

つまり完全成果報酬よりも、さらに限定されている方式といえます。もちろんこちらも「完全」であり、成功に対してのみ費用が発生するため、固定費用は不要になります。

3.完全成果報酬と完全成功報酬に共通するメリットとデメリット

この完全成果報酬と完全成功報酬をさらに詳しく知るために、共通するメリットとデメリットを確認しておきましょう。

【メリット】
・結果が出てはじめて費用が発生するため、依頼のハードルは低い。
・結果が出なかったときのリスクを最小限に抑えられる。
・一切、固定費は不要であるということは、結果を出すことに自信のある営業代行会社が多いため、
   結果の質に期待できる。
・たいていの場合は、結果を得ることができる。

【デメリット】
・依頼リスクが少ない分、結果が出たときの報酬額は高額になりがち。
・万が一結果が出なかった場合、時間の無駄になる。
・依頼の内容によっては、結果的に固定報酬よりコストパフォーマンスが悪くなることもある。

ポイントは、固定費用が不要であることから、リスクが少なく依頼しやすい、結果が得やすいというメリットがあるものの、結果が出たときに大きな費用が発生すること可能性があるということです。結果を出してくれることは良いことですが、予算オーバーということにならないよう、十分契約時に確認する必要があります。

【参考】営業代行と営業派遣はどう違う?徹底解説

4.まとめ

営業代行の契約形態のうち、完全成果報酬と完全成功報酬は、いずれも固定費用は一切発生せず、完全に何らかの成果や成功に対してのみ報酬の発生する方法です。

まずは、これらに共通するメリット・デメリットを理解し、固定報酬型などとの他の契約形態と比較して、今、自社はどのような内容の成果や成功の結果を出したいのかを明確にし、予算に応じて契約形態を入念に検討することが重要です。

また、完全成果報酬と完全成功報酬は、一文字しか違いませんが、意味合いが異なりますので、契約後に失敗することのないように、注意深く確認するのをおすすめします。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

最新記事

インサイドセールスの手法・やり方
2021.09.30

インサイドセールスの手法・やり方

テレワークの普及に伴い、非対面で行うインサイドセールスを導入する企業が増えています。しかし、興味はあるもののインサイドセールスをどのように行えばよいか模索されている方もまだまだ多いのではないでしょうか。本記事では法人営業のプロセスに沿って、どのようにインサイドセールスを行えばよいかご紹介していきます。

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』
2021.09.30

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』

法人向けの営業活動では旧来、情報収集や比較、見積もりなどのプロセスで営業担当が商談に呼ばれていましたが、近年これらはインターネットで完了するようになりました。そのため、インターネット普及前と比較して、商談を獲得する難易度は高くなりました。本コラムでは安定的に商談を創出するための仕組みであるパイプラインについて解説をしていきます。

プロセス分業のメリット
2021.09.30

プロセス分業のメリット

昨今、インサイドセールスの普及に伴い、日本でも営業活動を分業化する企業が増えてきました。そんな中、営業活動を分業化すると、どんな効果があるのでしょうか。本記事では分業のメリットについてご紹介していきます。

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」
2021.09.30

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」

昨今の新型肺炎の感染拡大に伴い、テレワークの導入率が急増した一方で、対面での営業活動が難しくなりました。そこで、注目を集めているのが、インサイドセールスです。では、なぜインサイドセールスが注目を集めているのでしょうか。本記事では改めて、インサイドセールスのメリットについて確認をしていきましょう。

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?
2021.09.07

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?

インサイドセールスを導入したものの成果が出ないというお声をよく聞きます。インサイドセールスで成果をしっかり出すためにも、まずは起源から学びインサイドセールス本来の目的を知る必要もあるのではないでしょうか。本コラムでは、インサイドセールスの発祥や軌跡についてご紹介していきます。

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~
2021.09.02

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~

インサイドセールスは、個人の力量によって成果が左右される分、KPIを正しく設定、管理することが大切になってきます。今回は適正な評価をするため、またモチベーションを上げるためのKPI設定についてご紹介いたします。

無料
営業責任者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料
無料提供資料
  • 5分で分かる、売上創出インサイドセールス
  • 法人営業新規開拓事例集
  • インサイドセールス成否の分かれ目
  • コロナ時代、新しい営業のカタチとは~デジタルコンテンツ編~
  • WEB商談を円滑に行うための3つのポイント
  • 初めてでもできる!ウェビナーの実践方法