インサイドセールス代行サービス/SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス代行サービス
/SALES BASE
お問い合わせ
インサイドセールス代行サービス/SALES BASE > 営業・マーケティングコラム > マーケティングオートメーション まとめ記事一覧 > マーケティングオートメーション運用のポイント1~ナーチャリングとジェネレーションのバランス

マーケティングオートメーション運用のポイント1~ナーチャリングとジェネレーションのバランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングオートメーションを導入したら、その後の運用が重要です。しかし、導入時にしっかりと運用の準備しておかないと、いざ運用し始めたときに、機能がうまく使いこなせず、なかなか成果にはつながらないということも多くあるのです。

そこで今回は、マーケティングオートメーション運用のポイントとしてリードナーチャリングとリードジェネレーションのバランスが大事であるということをご紹介します。

1.マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとはマーケティング活動を自動化して効率化するためのツールです。

近年の顧客行動の変化やニーズの変化によって、企業も顧客とのコミュニケーションを変革させなければならない時代に来ています。顧客の購買意欲のレベルに応じて、細やか、かつ臨機応変に対応していく必要があります。このような中、見込み客ごとに丁寧で的を得た対応を自動化して効率的に行うことのできるマーケティングオートメーションは、とても便利です。

2.マーケティングオートメーションは魔法のツールではない

世界でも日本でもマーケティングオートメーションの市場規模は拡大しているといわれています。

米国の調査・コンサルティング会社であるMarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)が実施した2014年の調査では、世界のマーケティングオートメーションのソフトウェア市場は、2014年の36.5億ドルから、2019年には55.5億ドルへ、1.5倍にまで成長する予測されています。

また日本でも、矢野経済研究所が2017年8~10月に実施した「DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査結果(2017年)」において、マーケティングオートメーションの市場規模は、2016年時点で245億4,500万円と、2014年比で1.46倍と大きく伸びを見せました。

さらに今後、AIを活用した機能が充実するという予測もあり、マーケティングオートメーションの高機能がますます目立ってくると考えられます。

しかし、このような市場規模の伸びが期待できる高機能なマーケティングオートメーションも、リードジェネレーションとリードナーチャリングの観点から考えれば、消して「魔法のツール」ではないということは、認識しておかなければなりません。

なぜなら実際、マーケティングオートメーションを導入しても、運用し始めるとリード数やリードの育成においてつまずいてしまうことがあるためです。

具体的に言うと、まず、新規リードの獲得の仕組みを構築しておかなければ、いつかリードが枯渇してしまいますし、そもそもリードへのメール配信すらできなくなってしまいます。またリード育成のためのコンテンツ制作を定期的に行う仕組みづくりも、同様に欠かせません。

マーケティングオートメーションが盛り上がっているから、「うちもそろそろ…」といった理由で導入しても、準備がしっかりとできていなければ、決して良い結果を生み出すことはできないのです。

3.リードジェネレーションの体制は仕組化されているか

マーケティングオートメーション導入の失敗を避けるために重要になるのが、そもそもリードジェネレーション、つまり、リード獲得の仕組みをしっかり作ることにあるといえます。

リードナーチャリング行うにしても、リードが十分あることが、何よりも先です。いくら高度なナーチャリング設計を考えても、新規でリードを発掘していかないと、リードは枯渇してしまいます。

特に、最近では「いくらメール送っても反応しないハウスリストの休眠客をどうやって掘り起こせば良いか」という悩みを持っている企業が多くみられます。

このことから、リードについては常に質の高いものである必要があるということ、そして常にフレッシュなリードを継続的に増やしていくことが重要になってくることがわかります。

リードに提供するコンテンツを継続して制作する体制も大切ですが、同時にリードを継続的に増やしていく仕組みづくりを行うことは、大前提にあるといえます。

4.まとめ

マーケティングオートメーションは今、世界的に注目を集めており、今後も機能面はますます充実していくことでしょう。
しかし結局のところ、リードとコンテンツがあってはじめてマーケティングオートメーションが活用できます。まずはリードの獲得の仕組みを構築しておくことが重要です。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

最新記事

インサイドセールスの手法・やり方
2021.09.30

インサイドセールスの手法・やり方

テレワークの普及に伴い、非対面で行うインサイドセールスを導入する企業が増えています。しかし、興味はあるもののインサイドセールスをどのように行えばよいか模索されている方もまだまだ多いのではないでしょうか。本記事では法人営業のプロセスに沿って、どのようにインサイドセールスを行えばよいかご紹介していきます。

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』
2021.09.30

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』

法人向けの営業活動では旧来、情報収集や比較、見積もりなどのプロセスで営業担当が商談に呼ばれていましたが、近年これらはインターネットで完了するようになりました。そのため、インターネット普及前と比較して、商談を獲得する難易度は高くなりました。本コラムでは安定的に商談を創出するための仕組みであるパイプラインについて解説をしていきます。

プロセス分業のメリット
2021.09.30

プロセス分業のメリット

昨今、インサイドセールスの普及に伴い、日本でも営業活動を分業化する企業が増えてきました。そんな中、営業活動を分業化すると、どんな効果があるのでしょうか。本記事では分業のメリットについてご紹介していきます。

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」
2021.09.30

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」

昨今の新型肺炎の感染拡大に伴い、テレワークの導入率が急増した一方で、対面での営業活動が難しくなりました。そこで、注目を集めているのが、インサイドセールスです。では、なぜインサイドセールスが注目を集めているのでしょうか。本記事では改めて、インサイドセールスのメリットについて確認をしていきましょう。

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?
2021.09.07

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?

インサイドセールスを導入したものの成果が出ないというお声をよく聞きます。インサイドセールスで成果をしっかり出すためにも、まずは起源から学びインサイドセールス本来の目的を知る必要もあるのではないでしょうか。本コラムでは、インサイドセールスの発祥や軌跡についてご紹介していきます。

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~
2021.09.02

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~

インサイドセールスは、個人の力量によって成果が左右される分、KPIを正しく設定、管理することが大切になってきます。今回は適正な評価をするため、またモチベーションを上げるためのKPI設定についてご紹介いたします。

無料
営業責任者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料
無料提供資料
  • 5分で分かる、売上創出インサイドセールス
  • 法人営業新規開拓事例集
  • インサイドセールス成否の分かれ目
  • コロナ時代、新しい営業のカタチとは~デジタルコンテンツ編~
  • WEB商談を円滑に行うための3つのポイント
  • 初めてでもできる!ウェビナーの実践方法