インサイドセールス代行サービス/SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス代行サービス
/SALES BASE
お問い合わせ
インサイドセールス代行サービス/SALES BASE > 営業・マーケティングコラム > 営業まとめ記事一覧 > 営業代行の市場規模と今後の動向

営業代行の市場規模と今後の動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、よく耳にするようになった営業代行。今、その市場規模は拡大しているといわれています。最近では営業マネジメントまでも担ったり、専門性に特化していたりと、営業代行は進化しています。営業代行の市場規模や今後の国内における動向について確認しておきましょう。

1.営業代行とは

営業代行とは、営業業務を委託するアウトソーシングの一つです。ただ営業業務を代行してくれるだけでなく、営業マネジメントや営業ノウハウといった幅広い対応をする場合や、テレアポや飛び込み営業などの専門性に特化した業務を強みとするところもあります。いずれにしても、他社の営業を代行して成果につなげる代行サービスが、営業代行です。

【参考】営業代行とは?営業代行を導入する理由

例えば、新規案件で、まだ営業の戦略から体制などの営業の仕組みがまだ整っていない段階で、適した営業代行に委託すれば、営業戦略、仕組みの構築から新規獲得まで行ってくれる場合があります。

契約形態は主に、成果が初めて報酬が支払われる成果報酬型と、月額固定費用が発生し、成果によらず費用を支払う固定報酬型の2種類があり、さらにその両方の要素のある複合型があります。

【参考】営業代行~完全成果報酬と完全成功報酬の違いとメリット・デメリット

営業代行を利用する際には、これらの契約形態をコストパフォーマンスや自社の必要性に応じて選ぶことがポイントになります。

【参考】営業代行と営業派遣はどう違う?徹底解説

2.営業代行の歴史

近年、2008年9月のリーマンショックや2011年3月の東日本大震災と、経営者たちは事業リスクを考えなければならない時代に来ています。

また市場変化や市場ニーズの多様化・複雑化などから、どの市場も競争率も高く、製品も次々と新しいものが求められるようになってきています。

リスクを埋めるためには、いかに新規分野にいち早く参入することや、組織の全体的な最適化やコスト削減といった広い目で見た経営が求められるようになってきています。

こうした時代背景を踏まえ、新規分野における成功など、特に優れた成果を短期間で出すためには、自社の既存ノウハウやリソースだけでは足りないということが出てきます。そこで、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が求められ、営業代行が台頭してきたと考えられています。

当然、新規領域に参入するときには専門的知識と経験を持つ営業部隊が勝利すると考えられます。またスピードにおいても有利に立つことができます。わずかなチャンスも逃せない今の時代、機会損失を防ぐことにもつながります。

また、リスクも考え、テストとして、まずは営業代行に依頼して成果を見るという利用方法も考えられます。

3.営業代行の市場規模と今後の動向

今後、営業代行はさらに市場規模を拡大し、伸びていくと考えられています。

IT専門調査会社のIDC Japan 株式会社の調査によると、国内のBPOサービス市場は、2017年は前年比4.7%増の7,346億円となったといいます。2017年~2022年の年間平均成長率は3.6%、2022年の市場規模は8,769億円と予測されています。

出典:IDC株式会社 国内BPOサービス市場予測を発表

このBPOサービスが伸びていくと予測される背景として、少子化や高齢化社会により深刻化する人手不足があるといわれています。また先に述べたような市場ニーズの多様化や複雑化、製品のライフサイクルが早まっていることなどから、よりスピードが求められているところもあります。

また、中でもカスタマーサポートの電話におけるアウトソーシングが増えていますが、経理、人事管理などのこれまで小さい市場だった分野にも需要が見込まれており、市場は全体的に拡大していくとみられています。

また、近年のクラウドやビッグデータ、ソーシャルの発展も、BPOサービスの導入を容易にしています。

4.まとめ

国内のBPOサービスは、主に人口減少を背景に、近年、順調に伸びています。また市場のニーズから、営業代行のニーズも高まると考えられます。
この時代背景や今後の事業リスクを考え、いち早く営業代行活用を検討してみてはいかがでしょうか。

5分で分かる、売上創出インサイドセールス

最新記事

インサイドセールスの手法・やり方
2021.09.30

インサイドセールスの手法・やり方

テレワークの普及に伴い、非対面で行うインサイドセールスを導入する企業が増えています。しかし、興味はあるもののインサイドセールスをどのように行えばよいか模索されている方もまだまだ多いのではないでしょうか。本記事では法人営業のプロセスに沿って、どのようにインサイドセールスを行えばよいかご紹介していきます。

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』
2021.09.30

安定的に商談を創出する仕組み『パイプライン』

法人向けの営業活動では旧来、情報収集や比較、見積もりなどのプロセスで営業担当が商談に呼ばれていましたが、近年これらはインターネットで完了するようになりました。そのため、インターネット普及前と比較して、商談を獲得する難易度は高くなりました。本コラムでは安定的に商談を創出するための仕組みであるパイプラインについて解説をしていきます。

プロセス分業のメリット
2021.09.30

プロセス分業のメリット

昨今、インサイドセールスの普及に伴い、日本でも営業活動を分業化する企業が増えてきました。そんな中、営業活動を分業化すると、どんな効果があるのでしょうか。本記事では分業のメリットについてご紹介していきます。

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」
2021.09.30

テレワーク時代の営業手法「インサイドセールス」

昨今の新型肺炎の感染拡大に伴い、テレワークの導入率が急増した一方で、対面での営業活動が難しくなりました。そこで、注目を集めているのが、インサイドセールスです。では、なぜインサイドセールスが注目を集めているのでしょうか。本記事では改めて、インサイドセールスのメリットについて確認をしていきましょう。

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?
2021.09.07

【歴史を振り返る】インサイドセールスの発祥とは?

インサイドセールスを導入したものの成果が出ないというお声をよく聞きます。インサイドセールスで成果をしっかり出すためにも、まずは起源から学びインサイドセールス本来の目的を知る必要もあるのではないでしょうか。本コラムでは、インサイドセールスの発祥や軌跡についてご紹介していきます。

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~
2021.09.02

インサイドセールスとKPI ~人事評価編~

インサイドセールスは、個人の力量によって成果が左右される分、KPIを正しく設定、管理することが大切になってきます。今回は適正な評価をするため、またモチベーションを上げるためのKPI設定についてご紹介いたします。

無料
営業責任者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料
無料提供資料
  • 5分で分かる、売上創出インサイドセールス
  • 法人営業新規開拓事例集
  • インサイドセールス成否の分かれ目
  • コロナ時代、新しい営業のカタチとは~デジタルコンテンツ編~
  • WEB商談を円滑に行うための3つのポイント
  • 初めてでもできる!ウェビナーの実践方法