インサイドセールス支援サービス:SALES BASE

営業をもっとスマートに。
インサイドセールス支援サービス
お問い合わせ
インサイドセールス支援サービス:SALES BASE > セミナー・イベントレポート > 「Inside Sales Conference 2018セッションレポートVol.2」インサイドセールスのキャリアパスをどう考えるか

Inside Sales Conference 2018セッションレポートVol.2インサイドセールスのキャリアパスをどう考えるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事は、 2018年12月6日(木)に開催されたFuture of Work Japan 2018主催「Inside Sales Conference 2018」で行われた、インサイドセールス支援サービスを提供するスマートキャンプ社、SALES ROBOTICS社、ブリッジインターナショナル社の競合3社によるセッションレポートです。昨今注目を集めるインサイドセールスについて、その本質や導入の障壁、効果的な活用についてお伝えしています。
前回の記事はこちら
次回の記事はこちら

登壇者紹介

スマートキャンプ株式会社 取締役COO 阿部慎平氏
新卒でデロイトトーマツコンサルティングに入社後、大手企業の戦略プロジェクトに従事。2017年3月にスマートキャンプに入社。事業・人事戦略の策定やインサイドセールスコンサルティング・アウトソーシングサービス「BALES(ベイルズ)」の事業立ち上げを推進。

SALES ROBOTICS株式会社 代表取締役社長CEO&Founder 内山雄輝
2004年 早稲田大学卒業後、SALES ROBOTICSの前身となるWEICを設立。日本の多くの企業で営業現場が疲弊している状態に危機感を持ち、営業支援事業を開始。最新の顧客データベースとインサイドセールスに必要なリードを自動で供給し活動を可視化する、SALES BASEを開発・提供。

ブリッジインターナショナル株式会社 上席執行役員 マーケティング&コンサルティング本部 本部長 秋谷亮氏
2000年、証券系シンクタンクに新卒入社、ITと営業を学ぶ。2003年、宅配寿司事業のベンチャーへ転職、宅配すしの現場とBtoCのマーケティング活動に従事。2006年、ブリッジインターナショナルに入社。

株式会社RevComm 代表取締役 會田武史氏
三菱商事株式会社にて自動車のトレーディング、海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行、クロスボーダーの投資案件・新会社設立、政府向け大口入札案件、M&A案件等に従事。2017年7月に株式会社RevCommを設立し、電話営業を可視化する人工知能ソフトウェアを提供している。

来場者からの質問:組織を分解すると、キャリアパスの問題が出てくると思うのですが、ずっとインサイドセールスをやり続けるのは、組織運営上どうなのでしょうか?

會田氏:今日は会場からリアルタイムで質問を受け付けておりますが、「組織を分解すると、キャリアパスの問題が出てくると思うのですが、ずっとインサイドセールスをやり続けるのは、組織運営上どうなのでしょうか?」というご質問をいただいております。

1.インサイドセールスとしてのキャリア、フィールドセールス・マーケティングとしてのキャリアを構築していく

阿部氏:電話営業と捉えてしまうと、面白くなくなりがちなのではないでしょうか。例えば「テレアポ」をキーワードにして検索すると、いまだに「テレアポきつい」とか「テレアポをやめたい」「テレアポ 楽しみ方」と出てきてしまいます。
私は様々な部門を担当しておりますが、どの部門も共通してやはり2年くらい同じ業務を担当すると飽きてしまいます。その為、初めからインサイドセールスを担当し、経験を積んでインサイドセールス部門リーダー、部長クラスに上がってくるというキャリア、もしくはインサイドセールスはマーケティング部門もフィールドセールス部門も理解できる部門なので、フィールドセールスやマーケティングに異動していくなど、5年〜10年くらいのスパンで考えていくのが必要だと思っています。

2.インサイドセールス単体で考えるのではなく、組織論として考えることが重要

内山:インサイドセールス単体で考えるのではなく、営業を行う上でのチームワークで考えるべきだと思います。チームの売上目標はいくらか、そのためにインサイドセールスはどのようなKPIで設計するのか、フィールドセールスはどのようなKPIで設計するのかを決め、全体で数字を追い求めていくと、チームワーク制でうまく回っていくという傾向があります。単にインサイドセールスだけをやるのではなく、組織の一員としてチームのKPIに関わっていきます。そのなかで適材適所の配置、成長に応じたキャリアプランはなにかというのを考えながらやるのが一番いいと思います。

3.海外ではインサイドセールスのプロフェッショナルとしてのキャリアが多く存在する

秋谷氏:実は海外ではインサイドセールスって、そのままスペシャリティーを持って担当していくケースが非常に多いです。日本はなかなか同じ仕事を続けるという文化がないのか、大きな企業になればなるほどジョブローテーションという機会がありますので、なかなかそういう機会に恵まれないですけれども、私は逆にスペシャリティーを持って普通の営業と同様にひたすら突き詰めてインサイドセールスで経験を積むというキャリアプランもありではないかと思っています。

無料
初心者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料

インターネットの台頭により、法人営業の売り方・買い方は大きく変化しており、その変化に対応すべく、企業ではマーケティングオートメーションやアカウントベースドマーケティング、インサイドセールスなど様々なツールや手法の導入を検討し始めています。

当社では、初心者の方を対象に、今注目を集めている営業・マーケティング手法に関する解説資料を無料でご提供しています。

是非この機会にご覧ください。

無料提供資料
  • ABMの基礎知識と実践方法
  • 5分で分かる、売上創出インサイドセールス
  • 営業・マーケティングのKPI 徹底解説
  • 法人営業最新トレンド資料
  • 法人営業新規開拓事例集
  • インサイドセールス成否の分かれ目